サプリメント療法(栄養療法)

サプリメント療法とは?

自分に本当に必要な栄養素を補給して最高の健康状態へ心身を導きませんか?

他人から薦められたから、この症状にはこのサプリメントが効きそうだからといった理由でサプリメントを選んでいませんか?

当院のサプリメント外来では、タンパク質やビタミンの代謝状況を生化学的に反映している血液検査データを医師が詳細に解析して、栄養素の過不足状況を判断します。そしておひとりおひとりの状態に必要な栄養素を良質なサプリメントで補っていきます。

お薬を用いた治療は多くの病気に効果がありますが、常に副作用の心配が伴います。また、薬には「体調不良を改善したい。」「もっと健康になりたい。」といった効果は期待できません。

サプリメント療法はお薬と異なり、身体に優しい反応(=ひとつひとつの細胞に最適な生化学的環境をもたらすこと)によって、人間が本来持っている自然治癒力を高めて病気や症状を改善し、より良い健康状態を導き出す治療法です。この治療で全身状態が改善し、現在使用中のお薬の減量や中止が可能となることがあります。

定 真理子(じょう まりこ)
新宿溝口クリニック チーフカウンセラー

院内研修会の講師としてクリニックにお越しいただきました。

サプリメント療法の流れ

  • 【問診】現在の悩みや改善したい症状をお聞きするためにカウンセリングを行います。
  • 【検査】血液や尿の検査を行っていただきます。検査前、8時間以上の絶食が必要です。(人間ドックや健康診断の検査結果がある方はご持参ください。必要な項目のみ追加で検査を行います。)初回はここまでです。1~2週間後の診察を予約していただきます。
  • 【結果説明】検査結果に基づき医師が作成した「栄養解析レポート」を用いて栄養状態をご説明いたします。
  • 【処方】食事改善の方法や必要とするサプリメントをご提案し、サプリメントを処方いたします。2回目はここまでです。
  • 【実践】サプリメントを服用し、食事改善を実行しましょう!3ヶ月後、症状の改善を伺うために診察し、効果をみるために血液検査を行っていただきます。栄養状態の改善に伴い、サプリメントの調整を行います。

適応・このような方におすすめします

病院でいろいろな検査をしたけれど原因がよくわからないめまいや痛みなどの症状。

人間ドックで異常なしだがなんとなく体調が思わしくないし、気分も沈みがち。このような症状の多くは実は栄養の不足やバランスの乱れが関係しています。今まで改善できずにお薬で抑えていた症状でもサプリメント療法で改善がみられるケースが多くあります。


お困り・お悩みの症状や改善したいこと (アイウエオ順)

足がつる(こむらがえり)、 アトピー性皮膚炎、 アンチエイジング、 胃潰瘍、
うつ、 肩こり、 風邪をひきやすい、 花粉症、 髪の毛の悩み(抜け毛)、
がん、 関節の痛み、 月経前症候群、 高血圧、 口内炎、 更年期障害、
骨粗鬆症、 産後の体調不良、 子宮内膜症、 しみ・しわ、 自律神経失調症、
頭痛、 生理痛・生理不順、 ダイエット、 体調不良、 体質改善、
爪がわれる、 手足の冷え、 低血糖賞、 糖尿病、 ニキビ、 のどの不快感・つまり感、
肌荒れ、 冷え性、 肥満、 貧血、 不妊、 慢性疲労、 むくみ、
メタボリック症候群、 めまい、 メニエル症候群

☆不登校にも実は栄養障害が関与している場合があります。朝の頭痛や腹痛、怠さと言った症状が栄養療法で改善し、元気に登校出来たという報告もあります。