超高濃度ビタミンC点滴療法(リオルダン・プロトコル)

- 抗ガン作用・ガン治療による副作用の軽減・ガン予防・美容・老化予防 -

超高濃度ビタミンC点滴療法(リオルダン・プロトコル)

からだに優しいガン治療として米国を中心に広く行われている治療法です。

ビタミンCは大量に投与すると、代謝の過程で過酸化水素を発生し細胞を攻撃します。しかし、正常の細胞は過酸化水素を分解する酵素を持っており影響を受けません。

ガン細胞はこの酵素の活性が低いため、過酸化水素で選択的に攻撃されダメージを受けます。またビタミンCは、コラーゲンの生成を強力に促進することで、ガン細胞周囲に膜を作り浸潤や転移を抑える効果があります。

アメリカ国立健康研究所(NIH)アメリカ国立ガン研究所(NCI)アメリカ食品医薬品局(FDA)の科学者達が共同でこの治療の有効性を示す論文を2005年、2006年、2007年に発表しています。

現在も米国の2つの大学と民間のガン専門病院グループが、国立健康研究所(NIH)の許可を得てこの治療の臨床研究を進めています。韓国でも臨床研究が始まっています。

この治療は通常の抗ガン剤と併用可能で、抗ガン剤の治療効果を高め副作用を軽減する働きがあります。当院では米国の医師が使用する添加物フリーのビタミンCを輸入し、この治療の標準的プログラムに基づき治療を行います。

また、ビタミンCには、抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用があり、美肌や動脈硬化抑制にも効果的です。

柳沢 厚生(やなぎさわ あつお)
点滴療法研究会 会長
国際統合医療教育センター所長
前 杏林大学保健学部教授

点滴療法の第一人者である柳沢先生にお越し頂いて、直接ご指導していただきました。

適応 次のような方にお勧めします。

  • 1)従来のガン治療で改善が認められない方
  • 2)現在受けておられるガン治療との相乗効果を期待される方
  • 3)抗ガン剤治療や放射線治療の副作用でお悩みの方
  • 4)積極的な抗ガン治療が困難な方
  • 5)ガンの予防やガン治療後の再発予防をお望みの方
  • 6)美肌や老化予防をしたい方

超高濃度ビタミンC点滴療法の流れ

  • 電話で診察をご予約ください。水曜・土曜日の午後完全予約制です。現在の病状と経過を詳しくお聞きします。(紹介状や写真・検査結果などの資料をできる限りご持参ください。)
  • ビタミンCが体質に合うかどうか(初回のみ)の検査を行います。また、検査結果をご持参されない場合当院で必要な検査を行い、この治療がお受けになれるかどうか判断します。
  • 点滴を行います。所要時間は約1~3時間です。初めの数回は血中ビタミンC濃度の測定検査を行い、点滴するビタミンCの量を調整します。

特徴と注意事項

  • 治療間隔 悪性腫瘍 週2~3回で6ヶ月 その後は病状に応じ治療方法をご相談いたします。美容目的 ビタミンC25gを月1~2回
  • 点滴中は飲食可能です。軽食や飲料水をご持参ください。
  • 治療効果を高めるために、この治療の期間中はサプリメントによるビタミンCの内服をお勧めしています。
  • この治療は代替療法です。これまで行われているガン治療にとって代わるものではありません。この治療の特徴をよくご理解いただいた上で治療をお受けください。
  • 副作用はほとんどありませんが、これまでに報告された副作用は次の通りです。下痢・嘔吐・低カルシウム血症・ガン壊死による出血
  • 以下の方はこの治療をお受けになれません。ビタミンCに対し過敏症がある方・腎機能が悪い方・心不全のある方・G6PD欠損の方 
  • 尿管結石の既往のある方は注意必要ですので、お申し出ください。
  • ガンの告知をされていない方の治療はご遠慮ください。

G6PD活性(ビタミンCが体質に合うかどうかの検査)

遺伝的にG6PD欠損がある方は、超高濃度ビタミンC点滴療法を行うと溶血(血球が壊れてしまう現象)が起こるので、この治療をお受けになれません。

ビタミンC血中濃度検査

血液中のビタミンC濃度が、抗ガン作用を発揮するために十分な濃度に到達しているかどうか測定します。